FC2ブログ

年始の野鳥撮影 近所でカワセミを見つけた(2020年1月1日)

カワセミ

2020年の年明けは、特に出かけることもなく地元にてのんびりと。
例年、南房総で一泊くらい車中泊をしていたのですが、寒そうなので車中泊もしませんでした。
天気のいい日中はほぼ野鳥の撮影で過ごしました。

で、元日の朝に近所を散歩すると、すぐ近所の小川にカワセミの姿が。
自宅から徒歩2分ほどのドブ川である。

見たところ、鳥のフンの跡などもあり期待ができそうということで、カメラを出してみました。


カワセミ
カワセミ

カワセミ

カメラを出してしばらくすると、カワセミが姿を見せてくれました。
ただ、本当に小さなドブ川で、よく留まるのは竹の棒だったりコンクリートの護岸だったりで、撮影しても人工物が映ってしまうのはイマイチなところ。

それでも、木の枝もいくつかありました。

カワセミ

カワセミ


それと、川幅が狭いので、至近距離で撮影できそうなのはイイところ。
距離が近いので、カワセミが逃げちゃうこともあるのだけど、川が小さく活動範囲が限られているのですぐに戻って来ることもありました。


カワセミのダイブ


20200101_06_kawasemi.jpg

20200101_07_kawasemi.jpg

20200101_08_kawasemi.jpg

ダイブについては、ピントが合わないのは相変わらず・・・。
(しかも測光が上手くいってなくて明るすぎ。)
撮影中、2回飛び込んでシャッターを切ったのですが、2回とも魚をくわえていませんでした。
魚の少ない川なのかも・・・。 気になるところです。


ウグイスなど


川のそばに松林があって、カワセミを待っている間にほかの鳥も姿を見せてくれます。


ウグイス
ウグイス

ウグイス


ウグイスはいつもちょこまかちょこまかで、撮影すると枝がかぶっていたりで・・・。
まあ、姿が見られるだけでも嬉しいのですけど。


メジロ
メジロ

その他、メジロやシジュウカラなどが活発で、目と耳を楽しませてくれます。


この場所は自宅のすぐ近くで、双眼鏡で2階からカワセミが確認できるような場所。(今まで全く気付かなかった)
安定してカワセミが居てくれると嬉しいのだけど、その後、何度か見に行ったところ、居ないことが多かったです。
小さなドブ川で、ダイブを見ても魚が取れていなかったこともあり、カワセミにとってサブ的な縄張りでときどき滞在する感じでしょうか。

しばらく様子見です。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kagekiyo2006

Author:kagekiyo2006
南房総で田舎暮らしをしています。2011年の東日本大震災以後、車中泊でふらっと出掛けることが多くなりました。おもに南房総での田舎暮らしとフリードスパイク車中泊旅行について書いています。あとは車中泊に便利なグッズの紹介なども。

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
ランキング参加中




FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア