FC2ブログ

渡良瀬遊水池でハイイロチュウヒを見る

渡良瀬遊水池 ハイイロチュウヒ
(渡良瀬遊水池のハイイロチュウヒ)

11月24日(土)は、渡良瀬遊水池へ。
ビアスパークしもつまから渡良瀬遊水池まで、30分くらいで行けるかなと思っていたのだが、途中渋滞があったりして1時間ほどかかりました。
渡良瀬遊水池は、今年の9月にロケハンに来て以来で2回目の訪問である。
9月に来た時には、あと1ヶ月くらいするといろいろと鳥がやってくるという話だったので、再度来てみました。

≪関連記事≫
渡良瀬遊水池をサイクリングしながら散策
https://fxinaka.blog.fc2.com/blog-entry-1214.html


まずは体験活動センターで情報収集


それで、まずは体験活動センターに行って、今の季節どんな鳥がいるのか情報収集である。
ボードにいろいろ出ているが、今の季節はハイイロチュウヒが来ているとのこと。
時間帯は午後2時ごろから夕刻まで飛ぶのだとか。

コミミズクについて聞いてみると、まだ目撃情報はなくてもう少ししたらとか(´・_・`)
ちなみに、コミミが現れるとかなり混みあうとか。

それと、体験活動センター・谷中湖周辺では小鳥が多くて、ベニマシコなんかそこらへんにたくさん居ますよ~とのこと。

そんな訳で、午前中は体験活動センター周辺で小鳥や水鳥を見て、午後はハイイロチュウヒのポイントに行ってみようかと。


体験活動センター・谷中湖周辺にて


それで、カメラを持って体験活動センター周辺を歩くと、ちらほら小鳥がいる。

シジュウカラ
渡良瀬遊水池 シジュウカラ

撮影してみるとシジュウカラでした。
向こう向いてるし、ピント合ってないし・・・。
いることはいるのだけど、小鳥がそれほど多い訳でもなく、撮影できたのはシジュウカラとハクセキレイだけでした。 ベニマシコはどこよ?

カンムリカイツブリ
渡良瀬遊水池 カンムリカイツブリ

谷中湖では、カンムリカイツブリや種類不明のカモなど。カンムリカイツブリは前日の砂沼でも見ているし、テキトーに撮っただけ。ぜんぜん上手く撮れておりません。

9月に来た時にはにサギも居たのですが、この日はサギは見ませんでした。

まあ、午前中については完全に不発でしたね。

それで、お昼は体験活動センター近くの売店でと思ったのだが、やってないし・・・。営業は夏だけなのか?
仕方なく、藤岡町のコンビニまでおにぎりを買いに行きました。


ハイイロチュウヒのポイントへ


午後は、体験活動センターで聞いたハイイロチュウヒのポイントへ行ってみると、路肩に車がたくさん停まっていて、三脚に大砲がズラリと。カメラマンが50人くらいはいただろうか。
おにぎりを食べながら、皆さん、どんな三脚やレンズ使ってるのかな~と観察しつつ歩くのも楽しい。

それにしても、午後2時ごろから飛び始めると聞いていたのだが、そんな気配が全然ない。
大砲の方々も暇そうにしている。

周囲は葦原なので、ヨシキリとかいないかな~と歩いてみるが、たまに小鳥の声は聞こえるものの見つけるのは難しそう。

スカイダイビングのセスナ
渡良瀬遊水池 スカイダイビング

暇なので、ひっきりなしに上空を飛んでいるスカイダイビングの飛行機でも。

スカイダイビング
渡良瀬遊水池 スカイダイビング

へえ~、2人で降りてくるのね。
後の人はスタッフなのだろうけど、この密着感ってどうよ、、と思うのは私だけ?

こんな感じで待機していたが、身体を動かしている訳ではないので身体が冷えてきて、車内でスマホをいじったり・・・。

率直なところ、かなり暇を持て余していました。退屈・・・。


ハイイロチュウヒが現れた


そんな中、16時頃、にわかに周囲がざわついて、飛んで来る鳥がありました。

渡良瀬遊水池 ハイイロチュウヒ

ハイイロチュウヒの雄♂のようです。それにしても、遠すぎる・・・。

渡良瀬遊水池 ハイイロチュウヒ

300m以上距離があったろうか。これではまともな写真が撮れません。顔の部分は真っ暗になってるし・・・。

渡良瀬遊水池 ハイイロチュウヒ

こちらは、ハイイロチュウヒの雌かなあ。
同じ個体をファインダーで追いかけていたつもりだったのだけど、どうやらメスのようです。
見失った時に、どこからかメスが現れたのでしょうか。


ハイイロチュウヒは、葦原の左手から現れて右手に飛び去って行きました。この間、20秒ほどか。

常連さんの話によると、前日と同じ時間に飛んできて、もう戻ってはこないだろう、と。
広大な渡良瀬遊水池でも確認しているハイイロチュウヒは3匹くらいだそうで、個体数が少なく希少な鳥なのだろう。

その後、日没ごろまで待機しましたが、ハイイロチュウヒが再び現れることはありませんでした。


それにしても、いくら希少な鳥でも、こんなに遠くから数秒間見ただけでは、これといった感慨も沸きませんでした。
まあ、見られたのは良かったのだけど、その瞬間のために同じ場所で2時間以上待つのって、どうなんだろう。

自分には同じ場所に三脚をセットして長時間待ち構えるよりも、いろいろと散策しながらバードウオッチングする方が向いているかな~と思いましたよ。 歩けば運動不足の解消にもなりますしね。

渡良瀬遊水池の夕日
渡良瀬遊水池 夕日

今回のお出掛けは一泊の予定。 日が落ちたので圏央道にて帰路につく。
連休ではあるが、茨城→千葉方向は渋滞もなくすんなりと帰宅できました。

[今回の走行距離] 451.1km
[今回の平均燃費] 15.4km/l



※おまけ

11月25日(日)は自宅で庭いじりをしたり、近所で小鳥を撮ったりでのんびりと過ごしました。

メジロ
メジロ

最近また見つけやすくなりました。木の名前は分からないのだけど、赤い木の実をつついていました。

ヒヨドリ
ヒヨドリ

沢山居るのに何故か今まであまり撮影できていなかった鳥。まあ、撮ろうともしなかったのだけどね。
やかましく鳴いて他の小鳥のさえずりを掻き消してしまうので、煩わしく思うことも多かったが、撮影してみるとなかなかダンディでイケメンだね!

今後は、もうちょっと丁寧に撮ってみよう。
スポンサーサイト



下妻市・砂沼広域公園を散策してビアスパークしもつまへ

11月23日(金)からの連休は、バードウオッチングで茨城県まで出掛けてきました。
最初の目的地は茨城県下妻市にある砂沼広域公園で、周囲6kmの農業用溜池である砂沼の周りに公園が整備されています。
茨城県では探鳥地の一つだということで、訪問してみました。


砂沼広域公園


砂沼広域公園 案内図

砂沼広域公園では、プールゾーン、水生植物ゾーン、スポーツゾーン、遊歩道ゾーンのエリアがあり、プールゾーンには「砂沼サンビーチ」というプールがあります。

砂沼広域公園の駐車場
砂沼広域公園 駐車場

公園の駐車場は690台だそうで規模も大きく、夏にはプールの来場者で混むのかも知れませんが、この季節はガラガラです。入口のところに、普通車500円と有料の表記があったのだけど、実際は無料でした。夏は有料なのかもしれません。
ちなみに駐車場は、夜間は施錠するそうです。

砂沼にはY字型の橋が架かっていて、駐車場から対岸の水生植物ゾーンまで手軽に行くことが出来ます。

砂沼広域公園

まずは、レンズが重いので手ぶらでさらっと公園内を歩いてみると、ヒヨドリとカラスが多くて喧しいのだが、その他の小鳥はなかなか見つからない。 沼には水鳥がいましたけどね。。。
風もやや強めで、バードウオッチングとしてはあまり条件がよろしくない。

寒いし、やめとこっかなーとも思ったのだが、せっかく来たのでちょっとだけカメラを持って散策してみましたよ。

砂沼広域公園 プールゾーン
住所 〒304-0056 下妻市長塚乙4-1
URL http://www.city.shimotsuma.lg.jp/page/page000554.html




この日見た鳥達


それで、カメラを持って歩き出すと、水面ではオオバンやカルガモなどの水鳥が見られます。

オオバン
砂沼広域公園 オオバン

それにしても、黒い身体に赤黒い瞳、額から嘴は白に近い薄ピンクとコントラストがきつくて撮り辛い鳥だわ~。

カンムリカイツブリ
砂沼広域公園 カンムリカイツブリ

こちらは、何という鳥か分からなかったのだが、帰って調べてみるとカンムリカイツブリの冬羽だそう。多分。
盛んに水に潜っていました。関東では冬に飛来する渡り鳥だそう。


小鳥についてはあまり見つかりそうにないが、水生植物ゾーンのあたりは少しは居そうかな~という雰囲気だったので、行って耳を澄ますと、ツ、ツツッとさえずりが聞こえて、何か居る。

砂沼広域公園 シジュウカラ

真下から撮影すると、シジュウカラでした。しかし枝が高い・・・。

砂沼広域公園 シジュウカラ

だんだん曇りになって来てなんか寒々しい雰囲気です。
結局、この日撮影できた小鳥はシジュウカラだけでした。
エナガも多いらしいのだけど、何処に・・・。

この日は風も強くて、曇って来て条件的に良くなかったこともあるが、カメラを持って歩いていたのは私だけでした。
多くは釣り人や犬の散歩の方で、バードウォッチングの場所としては人気スポットということではなさそうでした。
ウオーキングには良い場所ですかね~。あと、夏のプールの営業期間中に望遠レンズを持ち歩くのは不審者扱いされそうで要注意です。


ビアスパークしもつま


ビアスパークしもつま

その後は、下妻のイオンで買出しをして、お気に入りの「ビアスパークしもつま」へ。
温泉施設と地ビールレストランがあり、駐車場も広く24時間利用できるトイレもある施設である。

まずは温泉施設で汗を流す。
温泉施設は、JAF優待で100円割引になるのでお忘れなく。JAF優待の場合は、自販機ではなく受付で支払います。

そして、施設にある地ビールレストランで夕食に。

しもつまビール レッドエール
ビアスパークしもつま

いつもの通り、まずは地ビールを楽しむ。濃厚で美味です。結局今回も三種類飲んでしまいましたよ。

トマトとチーズの焼きハンバーグ
ビアスパークしもつま

前回来たときにはなかった洋食メニューもあって、メインはハンバーグにて。
これはまあまあ当たりだったかな。ボリュームもあってお腹いっぱいでした。
おつまみのメニューも増えていましたよ!


この日は今年一番の冷え込みということで、夜はすこし寒かったが、凍えるほどでもない。
テレビを見ながら毛布をかけて過ごして、ほどよい感じでした。県道から奥まっているのでとっても静かで、朝までぐっすりでした。

週末の野鳥撮影。撮影できた野鳥がちょっと増加(2018年11月18日)

11月18日(日)、この週末も、地元でおもにバードウオッチングで過ごしました。
今週もはじめて撮影できた小鳥がありましたよ!


アオジ
アオジ

お腹が黄色いのが特徴ですかね。ぽっこりボディがかわゆい。冬鳥(漂鳥)だそう。

アオジ

この子は、以前撮影したことがあるかも?だけど、名前も分からなかったし、まともに撮れていなくてボツにしたような気も・・・。
まあ、まともに撮れたのは今回が初めてなので、初めての撮影ということにしておこう。


カワラヒワ
カワラヒワ

こちらも初めて撮影する鳥。全般に褐色だけど、羽の部分の黄色が鮮やかです。
近所の松林に行くと、群れて沢山いました。
しかし、ちょっとピントがずれていてねえ・・・。

カワラヒワ

それと、逆光でもないのに妙に暗く写ってしまったりで。なかなか撮るのが難しいように感じました。 何故だろう。



そのほか、近所では、、、


モズ(百舌鳥)
モズ(百舌鳥)

枝が邪魔をしておりますが、このモズ君はこのところ毎日のように見かけております。
どうやら自宅周辺がモズの縄張みたいで、高いところに留まって偉そうにしています。


ホオジロ
ホオジロ

千葉県の鳥、ホオジロ。スリムでイケメンだね~。
時々やって来るのですが、この子も警戒心がそれほど強くないので、撮影し易い。


ムクドリ
ムクドリ

水溜りで水を飲むムクドリ。まあどこにでもいる鳥ですが、近くに来たのでパシャリと。


ジョウビタキ
ジョウビタキ

ジョウビタキもいましたが、まだオスのジョウビタキは見たことがないし、なかなか上手く撮影できていない・・・。



それと、先週見つけたポイントにも行ってみましたよ。


シジュウカラ
シジュウカラ

曇ってきて、あんまり上手く撮影できなくて、暗く写ってしまって、かなり無理な加工しております。
それでも訪問したタイミングが良かったのか、小鳥たちがたくさんいましたよ。
このシジュウカラは目の前に飛んできて鳴いていました。


ヤマガラ
ヤマガラ

ヤマガラもすぐ近くに居ました。ほかにコゲラも居たので、やはり混群で行動しているのかなあ?
天気は悪かったけど、小鳥が多くてとっても楽しいひと時でしたよ。


あと、最近はウグイスの地鳴きがたびたび聞こえて来てワクワクするのだけど、まだ姿ははっきりとは見れていない。今後の楽しみとしておこう。


さて、撮影に関しての今の問題点としては、高い枝や電線にとまる小鳥など背景が空で逆光気味で撮影する場合、とくに背景が曇り空だったりすると、被写体がとっても暗く写ってしまうこと。
加工してどうにか使えるようになる場合もあるが、加工しても無理な場合もある。
RAWで撮影していれば加工してもさほど問題ないのかもしれないが、容量がデカ過ぎるのでRAWでは撮影していないし、なるべくJPEG撮って出しでトリミング程度で済ませたいのだが、どうしたものか。
野鳥を撮る時はスポット測光で撮影しているが、それでも測光に問題があるのだろう。どうすればいいんだろう? 今後の課題である。


※この記事の写真は、すべて Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR で撮影しています。

≪関連記事≫
三本目は超望遠レンズで ‐ Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
https://fxinaka.blog.fc2.com/blog-entry-1179.html

週末の野鳥撮影(2018年11月11日)

11月11日(日)、この週末は地元にて。
またまた、バードウオッチングに行ってきましたよ。

今回は、前から気になっていた地元のポイントに行って見ました。

メジロ
メジロ

耳を澄ませて公園の歩道を歩き出すと、メジロがいました。
その後もちらほらメジロがいたのですが、写真に撮れたのはこれだけでした。

モズ(百舌鳥)
モズ

カマキリをゲットするモズ。
ちょっと暗い場所だったのでノイズが出ております。

その他にも、コゲラやシジュウカラ、その他いろいろ居たようでした。写真は撮れなかったけど・・・。

撮影場所の名前は伏せておきますが、ここはほとんど人が来なくて静かで、公園なので整備もされていて、植樹のせいか小鳥も多いみたい。バードウオッチングには良い場所でしたよ。


イソシギ
イソシギ

川沿いでは、テトラポットの上でシギが休んでいました。多分、イソシギかと。(あるいはクサシギかな?)


もちろん漁港にも行ってみましたよ。

ウミネコ 冬羽

夏の間は、白いウミネコしかいなかったのですが、毛色の違うカモメが飛び交っています。

ウミネコ 冬羽

飛翔の羽が美しい。
ボディはメタボぎみですけど・・・。

で、帰って調べてみると、やはりウミネコのようです。ウミネコの冬羽みたい。嘴から判断。多分、第1回冬羽かな。
カモメの識別はなかなか難しいです。


あとは、サギたちを。

アオサギ
アオサギ

アオサギを正面から。

コサギ
コサギ

水面の光が反射して、なんだか美しい。


それと、最近初めて撮ったのは

ジョウビタキ
ジョウビタキ(メス)

写真には撮ったものの、鳥の種類が分からなかったのだが、ジョウビタキのメスらしい。
冬にやって来る渡り鳥だそう。

寒くなってきて、小鳥たちも増えてきたようです。


それと、つい最近知ったのは、ウグイスが留鳥で一年中地元にいるということ。ホーホケキョと鳴くのは春から夏にかけてだそう。春にホケキョが聞こえて、盛夏には聞こえなくなるので、ずっと渡り鳥だと思っていたのだが、留鳥なんだそう。
それで、冬場は地鳴きで、「ジッ、ジッ」と鳴くのだそう。たしかに最近そんなふうに鳴いている鳥がいるね。しかも、冬場は木々の葉も落ちてウグイスも見つけ易くなるのだとか。
これは冬場の楽しみが増えそうである。

こんな感じで、バードウオッチングもちょっとづつ楽しくなってきている。


※この記事の写真は、すべて Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR で撮影しています。

≪関連記事≫
三本目は超望遠レンズで ‐ Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
https://fxinaka.blog.fc2.com/blog-entry-1179.html

週末は栃木へ。川治ダムから鬼怒川上流の紅葉がすばらしい

11月4日(日)、龍王峡で昼食を済ませたあとは、まだ行ったことのなかった川治ダム方面へ行ってみました。

鬼怒川沿いの紅葉

国道121号から県道23号に入るといきなりの上り坂で、少し標高が上がります。

この日の天気はくもり時々晴れという感じで、川治ダム付近では日差しがなくてイマイチだったりしたのだが、さらに進むと鮮やかな光景が各所に。


川治ダムの紅葉
鬼怒川沿いの紅葉

鬼怒川沿いの紅葉

ここは、多分、八潮湖(川治ダム)の紅葉。見頃です。
橋は八潮橋かな・・・。

黒部ダム
鬼怒川沿いの紅葉

こちらは黒部ダム。鬼怒川にも黒部ダムがあるのね~。


鬼怒川沿いの紅葉
鬼怒川沿いの紅葉

ここは、どこだったかな?
とにかく、県道23号沿いに名も無い絶景スポットが各所にあって、それぞれ駐車スペースがあったりなかったり・・・。

鬼怒川沿いの紅葉

行く時は駐車スペースが見つからなかったのだが、帰りには駐車場所を見つけることが出来て寄ってみたりと、いろいろ前後したりしたので、だんだん分からなくなります。


鬼怒川沿いの紅葉

県道23号は、途中から道幅が狭くなり1.5車線になって、譲り合いながらの走行になります。まあ、路線バスも走っているので大丈夫なのでしょうけど。

鬼怒川沿いの紅葉

この日は、瀬戸合峡を見て川俣ダムまでと考えていたのだけど、そろそろ15時を過ぎて来たので、途中で引き返しました。暗くなって細い山道を走りたくないので・・・。
という次第で、今回は瀬戸合峡にも至らなかったのだけど、川治ダムからの鬼怒川沿いの紅葉はちょうど見頃で、個人的な感想として、関東ではトップレベルの紅葉スポットと思いましたよ。そんなに混まないのも良い。

来年また、じっくり来て見よう。


帰りは、日光道で30分、東北道で2時間ほどの渋滞。これだけ詰まるとやっぱキツイわ。

[今回の走行距離] 593.5km
[今回の平均燃費] 16.2km/l


プロフィール

kagekiyo2006

Author:kagekiyo2006
南房総で田舎暮らしをしています。2011年の東日本大震災以後、車中泊でふらっと出掛けることが多くなりました。おもに南房総での田舎暮らしとフリードスパイク車中泊旅行について書いています。あとは車中泊に便利なグッズの紹介なども。

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
ランキング参加中




FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア