FC2ブログ

サッカー日本代表 ベスト8ならず。でも楽しめました!

W杯ロシア大会 日本代表 ベルギー戦
(画像は「Getty Images」よりお借りしました)

サッカーワールドカップ・ロシア大会、ベスト8をかけたベルギー戦は、日本が2点を先制するものの、結局2-3で敗退。

試合内容は、海外メディアの大方の予想に反して、日本がアグレッシブに仕掛けて楽しかった。
(ポーランド戦を酷評していた英国メディアの手の平返しの賞賛、ざまあwww)

この大会で目に付いたことの一つはハーフタイムに修正ができていたこと。この試合でもそうだが、前半に時間が経過するにつれて、ベルギーに押し込まれる場面が多くなったが、ハーフタイムに修正して、後半は攻撃的に出て2点先制につながった。監督が日本人だからこそ、選手と緻密なコミュニケーションが取れていたのだろう。

それでも、一時は2点をリードしながらひっくり返された・・・。
足りなかったのは、2点差を逃げ切る試合運びの巧みさ、ずる賢さだろうか。これも日本代表の経験であり歴史であり、次につなげてもらいたい。


大会を通して、ポーランド戦は上手く噛み合わなかったが、コロンビア戦、セネガル戦、ベルギー戦とアグレッシブで組織的な戦いができていて、たとえ個々の能力で見劣りするとしても、組織力とハードワーク、俊敏性で世界の強豪にも十分に対抗できることを示すことができたと思う。

大会前のチーム状態からすれば、今大会の戦いは意外なほどに成功だったと言えると思うし、見ていてとっても楽しかった。

日本代表、ありがとう。


それで、早くも次の監督の話になっているが、西野さん続投でも良いし、他の監督でも良いけど、南アフリカ大会、ロシア大会と日本人監督である程度の結果が出ているのに対して、トルシエは別として、ドイツ大会、ブラジル大会と外国人監督で結果が出ていないこともあるので、やはり本大会は日本人監督で戦ってもらいたい。
スポンサーサイト



サッカー日本代表 決勝T進出!西野さんギャンブラーだね!

日本代表 ポーランド戦
(画像は「Getty Images」よりお借りしました)

日本代表、決勝トーナメント進出おめでとう!

決勝トーナメント進出を賭けたポーランド戦。
この試合のトピックは、やはり終了間際の試合運び。

後半に日本がポーランドに先制され、同じグループHのコロンビアがセネガルに先制する。
この時点で、セネガルと日本は勝ち点、得失点差、総得点で並んでいるが、今大会から導入されたフェアプレーポイントで日本が上回り、このまま行けば日本が決勝トーナメント進出となる状態。

ここで西野監督は、あえて、そのまま1点差負けを狙う戦略に出る。

もちろん、セネガルの戦いぶりも情報が入っていただろうし、この日の日本代表は6人の先発メンバーを入れ替えたせいか上手く機能してなくて、ポーランドのカウンターで危険な場面も何度もあったし、日本代表が前がかりに攻めても、むしろカウンターのリスクが増えるばかりで、それらを冷静に判断して、確立の高い方に賭けたのであろう。

この選択は、もしセネガルがコロンビアに追いついたら終わりな訳で、コロンビアの勝利に賭けたまさに紙一重のリスクの高い博打であった。
もしこの賭けに失敗していたら、他力本願の消極的な試合とボロクソに叩かれる訳で、あのような選択はなかなか出来るものではない。

そんな決断をした、西野さんはすごいと思う。
結果として、日本がポーランドに0-1で敗れて、セネガルがコロンビアに0-1で敗れて、わずかにフェアプレーポイントの差で日本が決勝Tに進出することになった。


それでも、やはりあんな試合運びは見たくはなかったのは事実。

そんな苦渋の決断を迫られることになった原因はこの試合でメンバーを6人も入れ替えたことだろうか。
この試合で、宇佐美も武藤もあまり機能してなかったように見えたし、酒井高徳をあの位置で起用したのは意味不明。
上手く戦っていたコロンビア戦、セネガル戦とは違った試合になりました。
ポーランド戦は、大方の予想で日本有利だったこともあり、決勝Tを見据えて油断もあっただろうか。

それでも結果的に、グループリーグを突破して、香川、原口、乾、長谷部を休ませることができたのは収穫。
次の試合では、もう一度謙虚になってチームを立て直して、セネガル戦で見せたようなアグレッシブなサッカーで再び世界を驚かせてほしい。

ポーランド戦の戦い方は海外メディアでは酷評の嵐であるが、今の日本代表は逆風の中でこそ力を発揮するチームだと思う。

次の試合も期待しています。

今大会の優勝候補の一角、ベルギー相手にどこまでやれるか。
今から楽しみである。


#フェアプレーポイント

サッカー日本代表 歴史的勝利おめでとう\(^o^)/

ワールドカップ・コロンビア戦

ワールドカップロシア大会の初戦コロンビア戦。

試合開始早々、いきなりの一発退場にはビックリでしたが、早い時間に先制出来たのは日本にはラッキーでした。
それにして、失点したフリーキックの場面の長谷部のファウル判定、あれはないでしょう! 相手のファウルなら分かるけど。
意表をつくフリーキックではあったが、川島にはあれくらいは止めて欲しかった。 もっといいキーパーがいないのか?

前半は数的有利を生かせていない印象だったが、ハーフタイムで修正が出来たようで、後半は良くなった。
気になった点としては、乾と長友の息が合わないシーンがいくつかあったことで、コンビネーションが上手く行っていればもっと決定的チャンスを作れたでしょうに・・・。
このチームは修正能力が高いように感じているので、次戦には改善してもらいたいところ。今大会の乾には期待しています。


ともかく、「自分たちのサッカー」でコロンビアに惨敗したブラジル大会から4年。
アジア勢として初めて南米のチームを破った歴史的勝利おめでとう \(^o^)/

次戦のセネガルは速くて組織立っていて手強そう。勝つのはなかなか難しそうであるが、その次のポーランドには何んとしても勝ってもらいたい。

今大会は、直前の試合で結果が出ていなくて国民の期待も低かった南アフリカ大会の時と状況が似ていて、逆にちょっと期待してしまいます。

#大迫半端ないって

「自分たちのサッカー」で惨敗

2014年 ワールドカップ コロンビア戦

決勝トーナメント進出の可能性をわずかに残して臨んだ今日のコロンビア戦。
今野のPKは余計であったけど、勝つしかない一戦で前がかりに攻めて、カウンターをくらうのは仕方のないところ。
結果、日本 1-4 コロンビア の惨敗。

試合後の選手たちのインタビューで聞かれたのは、ある程度自分たちのサッカーが出来ていたということ。
ザッケローニもインタビューで内容には満足していると答えていた。

つまり、ある程度自分たちのサッカーをして、惨敗したということである。
今回明らかになったのは、「自分たちのサッカー」では、結果が出ないということである。

小柄で俊敏な日本人には早く細かいパスをつなぐサッカーという方向性が間違っているとは思わないけれど、W杯レベルで、守備を固めてカウンターを得意とする相手に結果を出すのはやはり難しい。
ブラジルのようなスーパースター軍団じゃないんだから。。。

前回大会では、自分たちの実力を謙虚に受け止めた上で、守備的な戦い方が機能してそれなりの結果を得たし、見ていても楽しかった。
今回、その上での進化が見られなかったのが残念。
前回よりは個々のメンバーも充実していたと思われるだけに余計に残念。

過去においてもそうであったが「自分たちのサッカー」と言っているとロクなことはない。
結局、今の日本代表の実力で「自分たちのサッカー」では勝てないということである。

「自分たちのサッカー」ではW杯では勝てないと言うこと、このことを受け止めて、今後4年間の出発点にしてほしい。

で、次の監督は?という話になるが、岡ちゃんでもいいんじゃないと思っている。前回大会のチームを正統に進化させていたら、今回のような結果にはならなかったであろう。
それかメキシコ人のひと。日本が目指すべきはメキシコのような柔軟な戦いが出来るチームだと思う。

カーリング女子 調子が出てきたかな

20140212_curling_joshi.jpg

冬のオリンピックというと、個人的にはやっぱり女子カーリング。
オリンピックの時だけだけど、にわかカーリングファンである。

カーリングについては、全く素人で良く分からないところが多いが、それでも、スキップから逆算しながら、次のショットはどうすべきか考えながら見るのはなかなか楽しい。
氷上のチェスと言われる所以である。

さて、当の女子日本チームというと、初戦の韓国戦は、緊張もあったのか、リードとセカンドにミスが多くて、見ていて重苦しい展開であったが、昨日のデンマーク戦、今日のロシア戦と、急遽セカンドに入った吉田も落ち着きを取り戻したようで、チームとしてもだんだん調子が出てきたみたい。
(もちろんミスもあって、吉田がショットを失敗したときは思いっきり表情に出ていて、これが意外とかわいいw)

それにしても前々回のトリノ大会に出た時もそうだったけど、どうもスロースターターな感じが・・・。

初戦でずっこけたので決勝リーグまで行けるかどうかは分からないけど、しばらくは楽しめそうである。ワクワク♪

テーマ:ソチオリンピック - ジャンル:スポーツ

プロフィール

kagekiyo2006

Author:kagekiyo2006
南房総で田舎暮らしをしています。2011年の東日本大震災以後、車中泊でふらっと出掛けることが多くなりました。おもに南房総での田舎暮らしとフリードスパイク車中泊旅行について書いています。あとは車中泊に便利なグッズの紹介なども。

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
ランキング参加中




FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア