残雪の磐梯吾妻スカイラインを走る

磐梯吾妻スカイライン
(磐梯吾妻スカイラインにて)

2017年4月23日(日)、花見山を散策した後は、磐梯吾妻スカイラインの雪の回廊を走りたい~!ということで、土湯方面へ。


昼食は、国道115号沿いの土湯温泉の手前にある「味処 大番」というお店にて。

味処大番・川俣シャモのわっぱ飯
味処大番 川俣シャモわっぱ飯

もともと割烹料理のお店だそうで、料金はちょっと高めであるが、川俣シャモは風味も良くて美味しかったですよ。
うなぎも美味しいそうなので、次はうな重かな~。(しかし高い。)



さて、2017年の磐梯吾妻スカイラインは、4月8日から開通していて、5月7日までは夜間通行止め(17:00~翌朝8:00)だそう。
この日の「浄土平だより(磐梯吾妻スカイライン)」を見ると、朝9時の気温は2度だそうで、凍結している場合もあるので冬タイヤが望ましいとのこと。
それでも、昼過ぎには気温も上がっているはずなので、ノーマルタイヤでも大丈夫かな~?、本当にヤバそうだったら引き返せばいいや、というつもりでのんびり行ってみた。

平地の気温は14度ほどで、標高が上がるにつれて気温が下がって行く。
5℃以下になったら考えようかと思いつつ進んで行く。

磐梯吾妻スカイラインより磐梯山
磐梯吾妻スカイラインより磐梯山

途中のビュースポットに駐車した際に、路面のアルファルトを触ってみると、日差しで暖かくなっていて、大丈夫そう。
全般に路面も乾いていて、危険はなかったです。

浄土平付近にて
磐梯吾妻スカイライン

途中、3mくらい積もっている箇所もあったけど、雪の回廊というほどでもなかったかな。
浄土平に到着すると、気温は4℃でした。

吾妻小富士
吾妻小富士

駐車料金500円も払ったし、すぐに立ち去るのももったいないし、せっかくなので吾妻小富士に登ってみたが、上の方は風が強くて寒い寒い。登ってゆく途中ですれ違う人の多くが鼻をすすっていました。

吾妻小富士

すり鉢(火口)の部分はカキ氷が山盛りだと思っていたのだが、お釜の底の部分に全然雪がなかったのは不思議。何故だろう?熱で雪が溶けるのだろうか。

吾妻小富士より浄土平
浄土平

寒かったので、浄土平は短時間で退散することにしたが、この日に限っては、天気も良かったので日中は路面の凍結もなく、ノーマルタイヤでも大丈夫でした。


帰りにいつものあったか湯で温まって。

高湯温泉 あったか湯 入浴料250円
高湯温泉 あったか湯

久しぶりの硫黄泉で、テンション上がる♪
この日は珍しく空いていて、温泉施設隣の駐車場に停められました。

帰りは、福島西から自宅まで4時間あまりですんなりと。


今回のお出掛けでは、三春滝桜、地蔵ザクラ、石川の桜はまずまずであったが、中通りの桜は全般に遅かったかな。
一方で、会津若松の鶴ヶ城はちょうど満開だったそうなので、来年以降は、会津方面も含めてもっと柔軟にルートを考えていいかな~と。


[今回の走行距離] 892.9km
[今回の平均燃費] 15.7km/l
スポンサーサイト

福島県にてお花見/福島市・花見山公園

福島市 花見山公園
(花見山公園より福島市街を望む)

2017年4月23日(日)は、9時過ぎに道の駅安達を出発して、以前から行ってみたかった福島市の花見山公園へ。

事前に調べたところでは、花見シーズンは花見山周辺で交通規制があるそうで、車で行く場合は、あぶくま親水公園が臨時駐車場になっていて、そこからシャトルバスで行くことになります。

当日は渋滞もなく、バスで10分ほどで花見山のバス停に到着。
バス停から花見山の入口まで15分ほど歩きます。


花見山公園・入口付近のビュースポットより
福島市 花見山公園

写真では彩度盛り目にしているが、ソメイヨシノなどの桜はほぼ散ってしまっていて、1週間遅かったかな~。それでも、菜の花は鮮やかでした。
花見山の場合は、梅、木蓮、連翹、花桃、ソメイヨシノ、八重桜、菜の花などなど、さまざまな花が植えてあって、楽しめる期間は長そうであるが、ソメイヨシノがメインという感じではなくて、さまざまな花々が咲き競う様子を楽しむ場所でしょうか。ソメイヨシノの開花状況はあまり気にしないで、山全体の開花状況を見ながら早めに訪問するのが良さそう。
ソメイヨシノが咲き始めのころに訪問するのが吉かなあ~と。


花見山 ユキヤナギ
福島市 花見山公園

花見山 出猩々・デショウジョウ (と思う。多分)
福島市 花見山公園

花見山 ウコンザクラ (かな?違ってたらスミマセン)
福島市 花見山公園


花見山 案内図
福島市 花見山公園 案内図

30分から60分の三つのコースがあって、公園の入口から山頂まで登るコースでもゆっくり歩いて1時間ほど。ほどよい散策ルートでした。

花見山より吾妻連山を望む
福島市 花見山公園

この日は天気も良くて、山頂から吾妻連山まで見えましたよ。
吾妻小富士がウサギに見えるというのだが、よくわからないの・・・。


花見山へのアクセス


福島市 花見山公園 シャトルバス

花見山公園周辺は、4月中は交通規制があってマイカーの乗り入れが出来ないそうで、「あぶくま親水公園」が臨時駐車場(1000台)となっていて、そこからシャトルバスで行くことになります。
あと、自分のカーナビでは「あぶくま親水公園」が出てこなくて、そんな場合はすぐ前の「ヘルシーランド福島(TEL:024-536-5600)」が目印になります。
シャトルバスは20分おきに運行していたので、ほとんど待たずに利用できました。往復500円。花見山まで10分ほど。


福島市 花見山公園
住所: 福島県福島市渡利
http://www.f-kankou.jp/hanamiyama/


福島県にてお花見/三春の滝桜~道の駅安達へ

三春の滝桜
(三春の滝桜)

2017年4月22日(土)、地蔵ザクラを見た後は、三春の滝桜へ。
去年来た時は、滝桜に近づくにつれて路駐の車が目に付くようになり、駐車場付近で渋滞していたが、今回は渋滞も1km以下くらい。素直に駐車場に停めることにしました。駐車待ちは20分ほどで済みました。

三春の滝桜 正面から
三春の滝桜

三春の滝桜

開花状況としては、3日前くらいに満開になったそうで、当日も満開の状態。やはりお見事。
ただし、訪問した午後の時間帯では、正面から見るとやや逆光気味になって、部分的に日陰になったりするので、正面からキレイに見たい場合は、午前中に訪問したほうがよいのかも知れません。

三春の滝桜 側面から
三春の滝桜


この日、テレ朝が撮影に来ていました。新番組のサタデーステーションで放送するのだそう。テレビで放送された後は混むのよね~。この日はさほど混雑もなくラッキーでした。

天気もよく時間の余裕もあったので、滝桜のまわりを2周した。

滝桜の裏手にあるソメイヨシノも満開
三春の滝桜裏手のソメイヨシノ

裏手の丘にあるソメイヨシノも満開でキレイでしたよ。

当日の滝桜は満開でしたが、地元テレビの翌日のニュースでは散り始めと伝えていたので、次の週末(GW前半)はどうかな~?厳しいかも。


その後は郡山まで移動して、スマホでテキトーにお風呂を探して、極楽湯にて。

極楽湯郡山店 入浴料720円
極楽湯 郡山店

一応天然温泉ではあるが、まあ普通のスーパー銭湯ですね。サウナが広くて開放感もあり気持ちよかったです。(しかしちょっとぬるかった。)


国道4号沿いのPLANT-5という大きなスーパーで惣菜を買って、道の駅安達へ。

道の駅安達(上り線)
道の駅 安達(上り線)

国道4号の上り線と下り線の2箇所に施設がある道の駅で、まずは下り線側をのぞいて見たのだが、個人的にはやはり上り線側が居心地よさそう。まあ、上り線は施設が古いんだけどね。
しかし、なんと、今までイマイチだったトイレが改装されていて、ウォシュレット付きでキレイになっていましたよ!これはとっても有難い。それとコンビニがファミマになっていました。

夕食はスーパーのお惣菜で
夕食はスーパーのお惣菜

初めて行くスーパーだったが、お惣菜が豊富でその目新しさと安さにつられて買ってしまったが、クオリティーは・・・。うーん。

こんな感じで、この日は道の駅安達(上り線)で車中泊である。

福島県にてお花見/石川町・今出川の桜~郡山市・紅枝垂地蔵ザクラ

2017年4月22日(土)は、9時半ごろに道の駅常陸大宮を出発して国道118号を福島方面へ。
ここ数年、自分の中では定番になっているお花見ドライブルートである。

矢祭山公園
矢祭山公園

まずは、矢祭山公園に寄ってみるが、枝垂桜は咲いているもののソメイヨシノはかなり散ってしまっている状態。ネットの情報ではすでに青葉となっていて分かっていたことなので、やっぱりね~という感じである。まあ仕方ない。(写真では、彩りがあるように見えますが、彩度盛ってますw)


矢祭町 戸津辺の桜
戸津辺の桜

戸津辺の桜では、2週間前に満開だったそうで、訪問時にはほぼ花びらがない状態・・・。
とりわけ戸津辺の桜の場合は、この地域でも咲くのが早いようで、戸津辺の桜に合わせて訪問すると、ほかがまだ咲いていなくて、こちらを立てればあちらが立たず状態でなかなかタイミングが難しい。
こんな状態なので、観桜客は自分一人だけでした。
帰り際に福島市方面から桜を見ながら南下して来たという方が来たので、ちょっとお話したが、三春の滝桜はちょうど満開で、福島市の花見山もまだまだ楽しめるという。ネットの情報は遅れ気味だったり盛り過ぎだったりで当てにならない場合も多いので、こういう生の情報は有難い。


塙町の久慈川沿いの桜も残念な状態なのでチラ見程度にして、少し早めに昼食。
よく行く「きせん食堂」の近くにもう一軒ラーメン屋があったので、今回はこちらで。

手打中華 じゃずめん こんどう 
手打中華 じゃずめん こんどう

鶏ガラスープ・もっちり平打ち麺の白河ラーメンで、まずまずであるが、私にはちょっと味が濃かったかな~。
去年来た時、あったかなあ~? 新しく出来たお店のようである。


食後は、棚倉はイマイチそうなのでスルーして、石川の桜へ。

石川町・今出川沿いの桜
福島県石川町 今出川沿いの桜

石川町・今出川沿いの桜は、散り始めてはいるが、まだまだ花が残っていましたよ。

福島県石川町 今出川沿いの桜

場所によってはまだ満開に近い状態で、楽しめました。石川の桜は幹も立派で見ごたえがあります。混雑もなく、桜吹雪の中を気持ちよく散策できました。お気に入り。


その後は、母畑温泉~あぶくま高原道路を通って三春方面へ。

途中、三春の滝桜の手前に、紅枝垂地蔵ザクラというのがあったので見に行ってみる。
この近辺は、三春滝桜以外にもいろいろ桜の看板があってちょっと混乱するわ。


郡山市・紅枝垂地蔵ザクラ
福島県郡山市 紅枝垂地蔵ザクラ

推定樹齢370年から380年の枝垂桜で、郡山市指定天然記念物になっているのだそう。
なかなか賑わっていたが、無料の駐車場も整備されていて、交通整理の方もいて渋滞もなかったです。

福島県郡山市 紅枝垂地蔵ザクラ

ちょうど見頃のようで、キレイでしたよ。


ところで、SNS上では、今村前復興相の失言を逆手にとって、「#東北でよかった」というハッシュタグで東北の魅力を伝える投稿が相次いでいるのだとか。FC2ブログではハッシュタグなんてないんだろうけど、面白いので便乗してワードだけでも(笑)。

#東北でよかった
#東北に行ってよかった
#東北の桜がキレイでよかった
#東北のラーメンが美味しくてよかった

(今日の記事はここまで)

道の駅 常陸大宮 かわプラザ [車中泊スポット]

道の駅 常陸大宮

この週末は、金曜の夜からお出掛けして、茨城県にある道の駅「常陸大宮 かわプラザ」にて車中泊。

茨城県常陸大宮市、国道118号沿いにある道の駅で、平成28年3月25日にオープンした新しい施設である。
国土交通省の重点「道の駅」に指定されている。

一度立ち寄ったことはあるが、車中泊するのは今回が初めてである。


道の駅の施設


道の駅 常陸大宮 案内図
(道の駅の案内図)

道の駅の直売所
道の駅 常陸大宮 直売所
直売所には、地元の野菜や切花など。

道の駅のフードコート
道の駅 常陸大宮 フードコート

道の駅の食事処は、フードコートの瑞穂牛キッチンCOWCOWと麺屋げんき、レストラン常陸亭の3箇所。営業時間は11時~18時(LOは17時30分)。施設的には充実しているが、個人的には夕食時も営業してくれると有難いが・・・。まあ仕方ないか。

道の駅の裏側・久慈川沿いの親水広場
道の駅 常陸大宮 親水広場

道の駅の裏手は、久慈川の河川敷が親水公園になっています。鮎が釣れるそうで、夏は水遊びも出来そう。ロケーション良好です!


手ぶらでバーベキュー


道の駅 常陸大宮 バーベキュー棟

道の駅にはバーベキュー施設があって、手ぶらで行ってバーベキューが出来るそう。事前に予約が必要で1時間500円(1テーブル6名まで)。必要な備品は貸し出していて、食材や炭も直売所で購入できるとのこと。


道の駅の駐車場


道の駅 常陸大宮 駐車場

道の駅の駐車場は、小型車140台。週末の日中は混雑することもあるかも知れないが、夜間は余裕ありそう。
道の駅のオープン当時、週末は駐車に苦労するほどの混雑と聞いていたが、現在はそれほどでもないかも。

道の駅常陸大宮の駐車場 夜間でも明るいです
道の駅 常陸大宮 夜の駐車場

あと、深夜でも照明があってかなり明るいので、治安面でも安心感がある。
今回、平日の金曜日の車中泊であったが、車中泊組は15台ほどあって、そういった点でも安心感があるかな。

それと駐車枠の後側に余裕があり、その分圧迫感が和らいでいて、寛げる雰囲気。(混雑していなければ、バックドアを開けてイスを出して・・・などど書くと怒られるか?w) なかなか居心地良さそうです。


近隣の入浴施設が充実


道の駅には入浴施設はないですが、近くに温泉施設がなかなか充実しています。

ささの湯 
10時~21時 入浴料500円(午後4時以降は300円)
〒319-2513 茨城県常陸大宮市氷之沢3139
HP: http://www.hitachioomiyacity-spa.com/sasanoyu/

三太の湯
10時~21時 入浴料710円、土日は1020円(午後4時以降は510円) pH9.7のアルカリ泉。
〒319-3105 茨城県常陸大宮市諸沢5071 
HP: http://www.santanoyu.server-shared.com/

金砂の湯 
10時~20時 入浴料600円、土日は800円(午後5時以降は500円)
〒313-0101 常陸太田市上宮河内町336
HP: http://www.ja-hitachi.jp/contents/office/oota33.html


道の駅常陸大宮の車中泊の居心地は?


道の駅 常陸大宮 地デジ電波はまずまず

まず、地デジ電波はなかなか良好。
手持ちのチューナーでは、常陸大宮プリセットですぐにフルセグで見られた。

道の駅常陸大宮のトイレ
道の駅 常陸大宮 トイレ

トイレは施設が新しいく、キレイに清掃されていて快適。もちろんウォシュレット付き。キャパもまずまずで、朝に便座の争奪戦ということもなさそう(笑)。

騒音面では、国道118号沿いであるが、夜間は交通量も少なく、騒音はほとんど気にならない。とても静か。(キャンカーのおっさん達のおしゃべり声がデカくて、ちょっと気になったけどねw)

個人的には、食事処が夜間営業していないのはチト残念ではあるが、買物については常陸大宮の市街地にイオンやヨークベニマルなどあるし、不自由はなさそう。コンビニはファミマが2kmほど。
近隣に入浴施設も充実しているし、川沿いの公園もありロケーション良好で、気持ちよく車中泊できる道の駅である。

なかなか快適な車中泊スポットだと思います。

道の駅常陸大宮~かわプラザ~
住所: 〒319-2211 茨城県常陸大宮市岩崎717-1
営業時間: 9時~18時
駐車場: 小型130台、大型18台、身体障害者用3台、EV施設2台
公式HP: https://www.michieki-hitachiomiya.jp/

プロフィール

kagekiyo2006

Author:kagekiyo2006
南房総で田舎暮らしをしています。2011年の東日本大震災以後、車中泊でふらっと出掛けることが多くなりました。おもに南房総での田舎暮らしとフリードスパイク車中泊旅行について書いています。あとは車中泊に便利なグッズの紹介なども。

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
ランキング参加中




FC2カウンター
PR



月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア