山形にて紅葉(最上峡~鳴子峡)

10月26日の朝は、かなり霧が濃い状態。盆地だとこういうことも多いみたい。
それでも予報は悪くなかったので9時過ぎに寒河江を出発、まずは最上峡方面へ。

途中、「道の駅とざわ」に立ち寄り。
道の駅とざわ

今回は2回目であるが、最初は誰もがビックリする道の駅。韓国風の建物に、物産館はすべて韓国食材、レストランは韓国料理で、何これ??? という。。。


しばし休憩して、最上川沿いのR47をドライブ。徐々に霧も晴れてきて。

まずまずの色付きなのだが、途中、駐車場所が少ないかな。
最上峡

八向楯にて
最上峡


昼食は、戸沢の道の駅にて。
最上川沿いの風景を眺めながら、軽めに海鮮チジミ。
道の駅とざわ

ここの道の駅、最上川沿いの斜面にあって、斜面を登ると眺望良好。駐車場は斜面に5箇所に点在していて融通も利きそうで、車中泊にも意外と気持ち良さそうである。


さて、食後は、R47沿いに鳴子峡方面へ。
(もともとこの日は肘折温泉か銀山温泉に行くつもりで、鳴子峡は予定していなかったのだが、鳴子峡が絶好の見頃という情報だったので予定変更して鳴子峡へ。)

途中、最上町のヤナ茶屋にて。
最上町 ヤナ茶屋

鳴子峡に到着してみるとなかなかの混雑。駐車料金500円。山形側から行ったので割とすんなり駐車できたけど、宮城側は渋滞してました。蔵王のお釜に行った時も同じパターンだったな。

鳴子峡
紅葉はちょうど見頃でとってもキレイ。

鳴子峡
目の前の枝がちとじゃま

鳴子峡
ちょうど汽車(下の方ね)

今回、鳴子峡ははじめてだったが、渓流沿いの遊歩道は閉鎖されていました。いつもは開放されているのかしら。下からも見られたらもっと楽しめるだろうに。


帰りは、鳴子温泉のあたりから古川ICまで随所で渋滞。東北道からは渋滞なしでした。
途中のSAで夕食を食べて、自宅まで7時間ほど。やっぱり普通の週末のお出掛けで宮城・山形はちと遠い。今回の走行距離は1250kmくらいでした。
スポンサーサイト

山形にて紅葉(山寺~山形県総合運動公園~寒河江SA)

この週末はまたまた紅葉狩りということで、今回は山形方面。
いつもの通り金曜日の夜に出発して途中のサービスエリアで車中泊して、土曜日の昼前に山形へ。

まずは、以前から行って見たかった山寺・立石寺へ。
(駐車場500円、拝観料300円)
山寺 立石寺

参道を登って行くと、途中に弥陀洞(みだほら)。
直立の壁面が阿弥陀如来の姿に似ているそうで、阿弥陀如来の姿を見ることが出来た人には幸運が訪れるのだとか。

肉眼で見ていてもよく分からなかったのだが、レンズを通してみると・・・

山寺 立石寺

えっ?これっ?・・・ なんか怒ってるみたいで怖い(心霊写真じゃないよね?)


さらに石段の参道を進むと、視界も開けてきて眺望良好。

紅葉は、奥の院の上はまずまずの色付き
山寺 立石寺

けれど、全般にまだまだ色付き始めな感じ。紅葉はちょっと早かったかな。
山寺 立石寺

今回、山寺ははじめてだったが、いかにも観光地という雰囲気で、日本人観光客はもちろん、外国人観光客もたくさん。(中国人も多くて例によって声がデカい。)
「閑さや岩にしみ入る蝉の声」とはほど遠い雰囲気であるが、石段の参道は運動不足の身にはなかなかいい運動になった。眺望も良好で気持ちよかったです。鋸山にちょっと似ているかも。また来て見てもいいな。


山寺の後は、山形総合運動公園へ。

山形県総合運動公園
イチョウ並木。まずまず。(もうちょっと?)

山形県総合運動公園
もみじ


それから、今夜の宿泊予定地ということで天童の道の駅へ。

道の駅 天童温泉

前回来た時は、やけに放置自動車が多くて気になったが、すっかり片付けられていて、ここでOKと思ったのだが、トイレに行くと何と工事中で、この日は仮設トイレ。
うーむ。車中泊にはチト過酷(笑)な環境か。


てな訳で、予定変更して寒河江のサービスエリア(の近くの駐車場)まで移動。
ここで泊まるのは今年の8月以来で2回目。

さっそく「ゆ~チェリー」へ。
寒河江 ゆ~チェリー

ゆっくり温泉に入って夕食は施設内の食事処にて。

まずは、げそ天(200円)をつまみながらビール。
寒河江 ゆ~チェリー

メインは「芋煮定食」
寒河江 ゆ~チェリー

芋煮がなかなかボリュームがあってお腹一杯。

この日は山寺でほどほどに疲れたこともあって、早めに就寝。

道の駅 オライはすぬま

道の駅 オライはすぬま


先週・先々週と東北方面に出掛けたので、この週末は近場でのんびり。


温泉でゆっくりして、美味しいものでも食べて・・・
ということで、今回は長生村にある「スパ&リゾート九十九里 太陽の里」へ。

スパ&リゾート九十九里 太陽の里

入浴料は土日は1700円。(今回はネットにあったクーポンを利用して1500円)
畳の休憩室に仮眠室、リラックスルームなどあって、朝まで過ごせる健康ランドのような施設。
食事処は、時代劇の公演がある大広間、居酒屋風の軽食コーナー、海鮮バーベキューと3箇所あって施設的には充実。

お風呂は、内湯は無色透明の塩素泉、露天はここらへんでよくある黒湯。
源泉掛け流しではないけど、露天は広くて気持ちよかったです。サウナも広々で快適。
施設は充実していて翌朝まで過ごせるので、宿泊ならアリかと思うけど、やはり入浴だけだとかなり割高。

この日は、太陽の里でのんびりして夕食を食べて、すぐ前の一松海岸の駐車場で車中泊のつもりであったが、
海岸にあった貼り紙によると翌日イベントがあるらしく、何と午前中は海岸は駐車禁止とのこと。

翌朝叩き起こされるのもイヤなので予定変更。入浴後は蓮沼の「道の駅オライはすぬま」まで移動。
この日は蓮沼で車中泊ということに。
九十九里や銚子方面に行った帰りに何度も訪れたことがある道の駅であるが、車中泊は今回が初めて。

道の駅の食事処はなかなか充実してそうであるが15時で閉店。
今回の夕食は、道の駅から200mほどにある「海鮮みゆき」にて。

海鮮みゆき

海鮮料理屋としては中途半端な感じであるが、居酒屋と考えればまあ許容範囲。天ぷらはまずまずでした。
道の駅から徒歩で行けるのが有難い。

それで、道の駅はと言うと、
駐車場は普通車73台で、それほど大規模ではない。

道の駅 オライはすぬま

直売所や露店も充実しているので、週末の日中はやや混雑気味。
となりにある役所の駐車場が道の駅の臨時駐車場になっており、こちらを合わせると100台くらいかな。

夜間は充分余裕ありそう。この日の車中泊組は20台くらい。九十九里浜に近いので、ウエットスーツを乾かしている車も何台かいました。

夜間は県道の交通量も少なくだいたい静かなのだが、飛行機の運行時間は音が気になるかも。成田空港まではかなり距離があると思うのだが。。。 深夜は飛行機は飛ばないようで、静かでした。
(しかし、翌日は6時過ぎにバイクの集団の爆音。朝っぱらから空ぶかしすんじゃねえー!!! すぐにいなくなったので寝直して、目覚めてみるとギョッ!というのはいつものパターンw)

トイレはウォシュレット付きで清掃状態も良好で快適。
無料のWiflはないみたい。地デジ電波はまずまず良好で全チャンネルフルセグ視聴可能でした。
駐車場は照明も明るくて治安面でも安心。

涼しい季節であればまずまず快適な道の駅かと。


周辺案内図。蓮沼海浜公園まで1.5kmほどで、海岸までは2kmくらい
蓮沼 案内図

それなりに内陸なんだけど海抜は低いです。念のため。
海抜


≪「道の駅オライはすぬま」近くの入浴施設≫
蓮沼ガーデンハウス マリーノ 入浴料700円
http://marino.hasunuma.co.jp/bath/

福島にて紅葉 西吾妻スカイバレー

10月12日の朝は、9時半過ぎに道の駅安達を出発。
この日は、紅葉が見頃という西吾妻スカイバレー方面へ。

途中の駐車場にて磐梯山と桧原湖の眺望。
西吾妻スカイバレー 磐梯山

標高が上がるにつれ徐々に鮮やかな色彩に。


西吾妻スカイバレー 白布峠手前の駐車場より
西吾妻スカイバレー

西吾妻スカイバレー 白布峠近くにて
西吾妻スカイバレー 西吾妻山
こちらは西吾妻山(かな?)

西吾妻スカイバレー こちらは天元台方面
西吾妻スカイバレー 天元台

天元台の方も行ってみたいんだけど、ロープウェイ&リフトが往復3500円というのがね・・・。パス。。。

西吾妻スカイバレー 山形県側
西吾妻スカイバレー なんちゃら滝

滝があるんだけど、名前はわかりません。


西吾妻スカイバレーは、現在は無料開放されているが以前は観光有料道路だったそうで、ところどころビューポイントに駐車場があるのが良い。そして何より、混み合わないのが良い。この日も白布峠付近もすんなり駐車できて渋滞もありませんでした。
紅葉はまずまず見頃。磐梯吾妻スカイラインとあわせて次の週末も楽しめそう。


昼食は白布温泉の蕎麦屋にて「きのこそば」
白布温泉 きのこそば

白布温泉では、茅葺屋根で赴きある旅館などあって、日帰り入浴もやっているし入浴したいところであるが、食後に腹ごなしをしてから入浴となると遅くなりそうなので、今回はお風呂は断念。まあ、いくらでも行く機会があるしね。


帰りは、猪苗代のICから磐越道~常磐道~圏央道であるが、この日は友部JCTからつくばJCTまで断続的渋滞。
常磐道の渋滞というと、いつもは守谷SAあたりから東京寄りなので、圏央道で成田方面へ迂回する場合はほとんど渋滞なしなのだが、この日は秋晴れで絶好の行楽日和、しかも連休というということでまあ仕方ないか。。。
つくばJCTから先はすんなりでした。

今回、寝具は薄めの掛け布団に毛布1枚であったが、道の駅安達でも夜は少し寒かった。次からは毛布2枚だな。

道の駅 安達(上り線)

道の駅安達

10月11日の夜は「道の駅 安達 智恵子の里」の上り線側にて車中泊。

福島県二本松市(安達町)の国道4号線沿いにある道の駅である。
幹線道路の国道4号沿いということで、道の駅への出入りは国道から側道で分離・合流となっている。
以前は上り線だけ道の駅があったが(下り線から直接は進入できず)、昨年2013年5月より下り車線側にも道の駅がオープン。ほぼサービスエリアのような道の駅である。
なお、上り線の道の駅と下り線の道の駅は、国道4号をくぐるローカル道路で行き来可能。

上り線側は、施設的には、24時間営業のコンビニ、インフォメーションと休憩施設も24時間利用可能と、施設的にまずまず充実。

道の駅安達(上り線) 24時間利用可能な休憩スペース
道の駅安達 休憩スペース

直売所は18時まで営業、軽食コーナーは19時まで。

道の駅安達(上り線) 案内図
道の駅安達 案内図
(案内図にあるガソリンスタンドは、現在はありません)


ここで泊まるのは何回目だろう。
震災の年の秋に車中泊したのが最初で、その後5回くらい泊まっただろうか。はっきり覚えていない。
磐梯吾妻スカイライン方面の観光の後は、しばしばここで車中泊している。

軽食コーナーは19時終了でメニューもイマイチなので、たいてい福島市内で食料を調達して車内で食事。

トイレは、ウオシュレットなし。施設が新しくウオシュレット付きの下り線側と比べると、やや老朽化した感じで何と言うか昭和の雰囲気。

地デジ電波は良好で、全チャンネルフルセグ視聴可能。手持ちのチューナーでは福島プリセットですんなり視聴できました。

道の駅安達(上り線) 駐車場
道の駅安達 駐車場

駐車場は、上り線側は普通車140台。夜間もそれなりに込み合うが余裕ありそう。
一応、大型車と普通車のエリアは分離されているのだが、一部、普通車の真横に大型車の区画があってね。。。

騒音状態は、まず、幹線道路沿いということで夜間でもかなり交通量があって、高速のSAに近い騒音。
夜間でも、トイレや休憩の車の出入り、コンビニへの出入りも頻繁。トラックのアイドリング音に悩まされることもしばしば。
さらに、コンビニが地元のDQN珍走の溜り場になっているようで、夜間に煩かったことも何度か経験あり。
それでも、夜間も車が多いので、治安面ではそれほど不安は感じないかな。この日、車中泊組は30台くらいいたと思う。
(※下り線側は、DQNの溜り場になることはなさそうなので、そういうのが気になる人は下り線側に移動した方が無難です。)

騒音的には、やや問題ありな道の駅。それでも24時以降はそこそこ静かで十分眠れるレベルかな。自分的にはそれほど問題を感じないが、早寝早起きの車中泊組にはあまり向かない道の駅かも。
窓を閉め切って寝るような季節であれば車中泊もアリ。夏はうるさそう。

あと、道の駅に入浴施設はなく、近くの温泉というと岳温泉の「岳の湯」(入浴料350円)、「スカイピアあだたら」(入浴料510円)あたりか。


騒音面ではやや問題ありであるが、24時間開放の屋内の休憩スペースのほか、軒下やテント下のベンチの設置も充分、ほどほどに古くなった施設など、なんとなく落ち着く。
ここでは、チャリや徒歩で日本一週の旅人なんかもよく見かけるが、旅人にとってくつろげる雰囲気があるのだと思う。
(この点、施設の新しい下り線側はちょっと雰囲気が異なる。)

個人的には割とお気に入りの道の駅である。


≪道の駅安達 近辺の入浴施設≫
岳温泉 日帰り入浴の案内
http://www.dakeonsen.or.jp/higaeri.stm
スカイピアあだたら
http://www.michinoeki-adachi.jp/skypia/


続きを読む»

プロフィール

kagekiyo2006

Author:kagekiyo2006
南房総で田舎暮らしをしています。2011年の東日本大震災以後、車中泊でふらっと出掛けることが多くなりました。おもに南房総での田舎暮らしとフリードスパイク車中泊旅行について書いています。あとは車中泊に便利なグッズの紹介なども。

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
ランキング参加中




FC2カウンター
PR



月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア