週末は奥会津方面へ

高速の休日50%の割引が6月までということで、この週末は奥会津方面へ出掛けてきた。

6月28日の金曜の夜に出発して、いつも通り常磐道~磐越道経由でその日は阿武隈高原SAにて車中泊。
前回もそうだったが、前回以上にトラックのアイドリングが気になった。常磐道・磐越道で言えば、友部SAはトラックのエリアが離れているので快適、さらに足を延ばして磐梯山SAまで行けばそもそも駐車台数が少なくて快適なのであるが、中郷SAや阿武隈高原SAは車中泊にはあまり向かないかも。サービスエリアの規模や駐車場の配置も関係しているかな。


それで、土曜日は、まずは福島県河沼郡柳津町の道の駅「会津柳津」へ。

道の駅 会津柳津

柳津というと、福満虚空蔵尊圓蔵寺は会津を代表する名刹とのことで、道の駅からも見えるし、歩いても10分くらい。
また、会津の「赤べこ」は円蔵寺の建立の際の逸話が起源だそうで、柳津が赤べこの発祥の地とのこと。道の駅にもでっかい赤べこがある。

まずは、柳津の町並みを散歩して、福満虚空蔵尊圓蔵寺にお参り。
正直なところ、日本三虚空蔵とか言われても、何のことやら。。。って感じですけど・・・。

福満虚空蔵尊圓蔵寺


昼食は道の駅近くの蕎麦屋「ふなき」にて。

柳津 ふなき 天ざる
喜多方方面の蕎麦に比べれば、やや太めであるが、しっかり冷水でしめられていてなかなか美味。


昼食後は、時間が余ったので、金山町の道の駅「奥会津かねやま」までドライブ。
この道の駅、出来たばかりの道の駅で、施設の運営については試行錯誤中な印象であるが、施設は新しいのでトイレはウォシュレット付きで、無料Wifi「Fukushima-free」も。
駐車場も道の駅の建物の裏側で国道からは離れていて、只見川に向けて開かれた開放的な雰囲気で、余裕もありそう。

道の駅 奥会津かなやま
ここで車中泊も快適そうである。ただ、周辺に食事処やスーパーなどはなさそうなので、事前に確認が必要かと。

あと、途中の三島町にある道の駅「尾瀬街道みしま宿」もウォシュレット付きで、只見川の景観はすばらしいけれど、駐車場は思いっきり国道に面しているし、日当たりも悪そうで、ここで車中泊はどうかな?、という印象。
道の駅「尾瀬街道みしま宿」より只見川の眺望
(三島の道の駅からの只見川の眺望はすばらしい!)


その後は西山温泉の「せいざん荘」にてお風呂。
かなりの山奥であるが、柳津町の町営の宿泊&入浴施設だそうで、なかなか立派な施設。入浴料300円。

柳津町 西山温泉 せいざん荘

で、お風呂はというと、内湯と露天があるのだが、露天風呂は修理中で入浴不可でした。(復旧の時期は未定とのこと。)
泉質は、ここら辺はだいたいナトリウム塩化物泉みたいで、源泉の投入口のお湯を舐めてみるとうっすら塩味。それで臭いを嗅ぐと湯船のお湯はしっかり塩素臭。しっかり塩素殺菌されているようで、レジオネラ菌がうじゃうじゃということもなさそうで安心!(笑)。
まあ、不特定多数の入浴を想定したこういう施設の場合は仕方ない。300円で入浴させてもらえるだけでも有難いというもの。
やはり源泉を楽しむのなら、共同浴場とか旅館の日帰り入浴かな。


入浴後は、柳津の道の駅へ。日中はなんとか天気がもったが、到着してしばらくすると雨で、その後は本降り。
この日は道の駅「会津柳津」で車中泊である。
スポンサーサイト

「自分たちのサッカー」で惨敗

2014年 ワールドカップ コロンビア戦

決勝トーナメント進出の可能性をわずかに残して臨んだ今日のコロンビア戦。
今野のPKは余計であったけど、勝つしかない一戦で前がかりに攻めて、カウンターをくらうのは仕方のないところ。
結果、日本 1-4 コロンビア の惨敗。

試合後の選手たちのインタビューで聞かれたのは、ある程度自分たちのサッカーが出来ていたということ。
ザッケローニもインタビューで内容には満足していると答えていた。

つまり、ある程度自分たちのサッカーをして、惨敗したということである。
今回明らかになったのは、「自分たちのサッカー」では、結果が出ないということである。

小柄で俊敏な日本人には早く細かいパスをつなぐサッカーという方向性が間違っているとは思わないけれど、W杯レベルで、守備を固めてカウンターを得意とする相手に結果を出すのはやはり難しい。
ブラジルのようなスーパースター軍団じゃないんだから。。。

前回大会では、自分たちの実力を謙虚に受け止めた上で、守備的な戦い方が機能してそれなりの結果を得たし、見ていても楽しかった。
今回、その上での進化が見られなかったのが残念。
前回よりは個々のメンバーも充実していたと思われるだけに余計に残念。

過去においてもそうであったが「自分たちのサッカー」と言っているとロクなことはない。
結局、今の日本代表の実力で「自分たちのサッカー」では勝てないということである。

「自分たちのサッカー」ではW杯では勝てないと言うこと、このことを受け止めて、今後4年間の出発点にしてほしい。

で、次の監督は?という話になるが、岡ちゃんでもいいんじゃないと思っている。前回大会のチームを正統に進化させていたら、今回のような結果にはならなかったであろう。
それかメキシコ人のひと。日本が目指すべきはメキシコのような柔軟な戦いが出来るチームだと思う。

道の駅 水の郷さわら [車中泊スポット]

道の駅 水の郷さわら

先週、テレビで水郷佐原の水生植物園のあやめが見頃と紹介されていて、一度も行ったことがなかったので、一回くらいは行ってみるかということでこの週末は佐原方面へ。

土曜の午後に出発して、まずは2時間ほどで佐原の道の駅に到着。
それから利根川を渡って水生植物園へ。
5月31日から6月29日までは「あやめ祭り」ということで入園料700円(通常は入園料500円)。
到着が16時過ぎだったので、わりと空いていましたよ。(露店なんかは既に閉店モード)


水郷佐原 水生植物園

水郷佐原 水生植物園のあやめ


まあ、きれいなんだけど、ピークは過ぎてたかな。ちょっとくたびれちゃってたような印象。
正直なところ、入園料700円はやや微妙かも。


既に夕方なので、途中のスーパーで買い物をして、佐原の道の駅まで戻って、この日はここで車中泊。
ここに泊まるのは昨年の12月以来2回目である。

【関連記事】
道の駅 水の郷さわら
http://fxinaka.blog64.fc2.com/blog-entry-720.html


ロケーション的には、目の前は利根川の眺望が開けていて気持ちの良い場所。

道の駅 水の郷さわら 利根川の眺望

佐原の市街地も徒歩で行けるので、外食も便利。駅まで15分くらいか。
あと、道の駅の直売所もお惣菜類が充実しているので、ここで食材を調達して車内で夕食というのもアリ。


今回は、外食にして、「うなぎ」でもということで適当に散歩しながらお店を探したが、なかなか適当なお店が見付からず、結局、偶然見つけたレストランへ。そんなわけで今回は洋食にて。

レストラン タイムベル
レストラン タイムベル
(真鯛のポアレに肝ソース だったかな?)

レストラン タイムベル デザート
(デザートはティラミスと抹茶アイス)

「タイムベル」というレストランであるが、後でネットで調べてみると佐原では老舗の洋食屋だそう。
田舎のレストランとしてはやや割高な感じもしたが、料理もまずまず。接客は慇懃ではなく、明るくフレンドリーな感じ。この日も満席に近いくらい繁盛していて、地元で愛されてるんだなと感じさせるお店でした。
初めてのお店にしては、まあまあ当たり。洋食にするなら、また行ってもいいかなと思うレストランでした。
この日はよくわからないので魚料理にしたけど、ステーキやハンバーグが看板のお店みたい。今度行くんだったら肉だな。

夕食後は道の駅に戻って、テレビを見ながら晩酌。

この道の駅、地デジ電波は良好で、全チャンネルでフルセグ視聴可能。
国道356号(利根水郷ライン)沿いで夜でもそれなりに交通量はあるが、まあ深夜は気にならないくらい。
トイレはウォシュレット付きで清潔。無料Wi-fiはないみたい。

駐車場は、大型と普通車が分離されているので、トラックのアイドリングに悩まされることはなさそう。
普通車152台ということであるが、人気の道の駅なので週末の日中は込み合う。

道の駅 水の郷さわら 駐車場

けれど、夜間に車中泊で込み合うことはなさそうで、夜間は充分余裕あり。
この日は車中泊組は15台くらいか。(昨年12月に車中泊した時は3台くらいでした。)

車中泊にはかなり快適な道の駅である。


翌日は朝から雨。一旦7時前に目覚めたが、雨で車外に出る気もしないし、涼しいし、そのまま寝直して目覚めると10時。。。

帰りに、多古の道の駅近くの「あじさい公園」を見て行こうと思ったが、
この日は「あじさい祭り」というのをやっていて周辺から渋滞していて、道の駅も満車なのでスルー。

その後は蓮沼の道の駅「オライ蓮沼」に寄って昼食。
レストランは満席だったので、インド人(?)がやっている露店でチキンカレー&ナンが500円で格安ランチ。この値段としてはまずまずかな。
あと、蒸したトウモロコシが一本100円で売っていて、かなり格安。
ちなみにこの道の駅もトイレはウォシュレット付きでした。

昼食後は、九十九里~外房を経由して帰路へ。


≪「道の駅 水の郷さわら」近辺の入浴施設≫
あそう温泉 白帆の湯 入浴料700円(17時以降は500円)
http://www.city.namegata.ibaraki.jp/index.php?code=590
日帰り天然温泉 かりんの湯 入浴料 平日820円、土日祝1030円
http://www.wagoen.com/karin/

※距離的には、道の駅から同じくらいであるが、個人的には、白帆の湯がオススメ。やはり千葉はお風呂が高い。循環塩素消毒のインチキ温泉に1000円はちょっとねえ・・・

固定資産税返して!

固定資産税課税通知書

昨日のこと。

たいてい仕事中は、テレビはつけっぱなしで、聞き流しながら仕事をしているのであるが、テレ朝の「ワイドスクランブル」でひとつのニュースが耳にとまった。


埼玉県新座市で、約27年間にわたり、市役所が市内に住む60代の夫婦の一戸建て住宅に固定資産税を誤って過徴収し続けていた。住宅は100平方メートルの敷地に建つ住宅で、本来、200平方メートル以下の住宅用地の固定資産税は、小規模住宅特例によって税額が最大6分の1ほどになるが、夫婦の住宅は誤って特例を適用されないまま、1986年当初から課税され続け、昨年度は本来、年額4万3千円のところを11万9200円が課税されていた。
固定資産税とその延滞金などを支払い切れなかった夫婦の住宅は市に差し押さえられ、昨年10月、公売に掛けられて売却された。夫婦は家を失うことになった。市は誤りに気付いて、過徴収分を夫婦に返金したが、既に売却された住宅は夫婦のもとに戻っていない。


というもの。
(ちなみに今日のワイドスクランブルでもニュースになっていて、固定資産税過徴収問題で新座市議会紛糾とのこと。)

ひどい話だなあ、こんなことになっても役所の人間は誰一人責任をとらないんだろうなあ、もし夫婦が自殺にでも追い込まれていたら大騒ぎだろうなあ、などと聞き流していたが、

聞いているうち、新座で「年額4万3千円のところ」というのに引っ掛かった。
都心に近い新座市の戸建てで4万3千円???
えっと、新座とは比べものにならないウチのド田舎、いくらだったったけ?ナヌッ?
今年の固定資産税の課税明細を見ると、新座の例より高いじゃん・・・。
ネットで公示地価を調べても、6分の1の小規模宅地の特例が適用されていないのは明らか。


ビンゴ!!!


てなわけで、昨日は役所へGO~♪

固定資産税の担当の方に、住宅があって実際住んでるのにおかしいんじゃないの?って伝えると、すぐに調べてくれて、小規模宅地の特例が適用されていなくて、過去5年分は法律(地方税法)によって還付できる、さらに10年までは条例で還付できるかも、条例などを確認して連絡しますとのこと。

(ウチの場合は、12年前に中古住宅を購入したのであるが、前の所有者が別荘として所有していて、別荘の場合は小規模宅地の特例が適用されないとのことで、それを中古で購入して、税額がそのまま引き継がれたという経緯かな。)

その日のうちに担当の方より連絡があって、過去10年分を還付できそうとのこと。

(他の自治体の話であるが、知人が過去30年以上に渡って他人の土地の固定資産税が誤って徴収され続けていたが、
その時は5年分しか還付されなかったとのこと。それに比べればはるかにマシ。ここらへん、自治体によるみたいである。ちなみに、新座の例では国家賠償法により20年分を返金したとか。。。)

対応してくれたのは女性の職員であったが、それなりに知識と調査能力があって、まずまずの対応をしてくれたかなと思う。
田舎の役場では、おバカで怠惰な職員も多くて、何度も不愉快な思いもしているけど、今回は当たりだったかな。


んで、今までは、
土地の評価額x70%=課税標準額となり、課税標準額x税率1.4%=固定資産税であったが、
小規模宅地の特例では
土地の評価額x1/6=課税標準額となり、課税標準額x税率1.4%=固定資産税となる。

だいたい税額が1/4弱くらいになる格好。てか、今まで4倍強の固定資産税を払っていたことになる。
まあ、狭い土地で評価も低いので、それほどの額じゃないんだけどね。

小規模宅地の特例
(200平米以下の小規模宅地では、課税標準は評価額の6分の1)

過納金の還付に加えて、還付加算金があるとのこと。
未納の場合に延滞金があるように、過誤納の場合は還付加算金があるらしい。まあ当然か。

今回ニュースになっていた新座の例では、年率14・6%の延滞金を課されていたとのことであるが、
まさかまさか、いくらなんでも、還付加算金の年利がそれを下回るとかないよねwww

んで、還付加算金について、ネットで検索してみると、出てくるのは、各地の自治体の計算間違いの謝罪のHPばっかり・・・。
還付加算金については、よくよく確認する必要がありそう。

還付加算金の年利について、ざっと調べたところではなんだか良く分からない。もうちっと調べてみるだっぺ。


あと、固定資産税は、資産割ということで国保の保険料にも影響している場合がある(自治体による)ので、国保に加入していた人は要確認。
自分の場合も短期間であるが国保に入っていたが、地元の自治体では資産割は徴収されていなかった模様。


それにしても、こういった過徴収のケースは、全国的にかなり多いとのこと。
とくにウチのあたりだと、別荘を購入して定年後に移住してきた人が多いので、間違いが起きやすいかも。
固定資産税を払っている方は、一度課税明細を確認してみたほうが良さそうである。

住宅の場合のチェックポイントは、土地の課税標準額が評価額の1/6になっているかどうかである。

ほかにも、店舗兼住宅が単純に事業所として課税されたりしているケースなんかもありそう。
また、かつて店舗兼住宅だったが、店舗は廃業している場合なんかも申請すれば、減額出来そうな気がするけど。

いろいろ確認する価値はありそうである。


<<新座市 固定資産税 過徴収に関連するリンク>>
新座市、夫婦から27年間税を過徴収 請求額払えず家失う
http://www.saitama-np.co.jp/news/2014/06/11/05.html
新座市の市長・謝罪の弁 固定資産税・都市計画税の賦課誤りについて
http://www.city.niiza.lg.jp/soshiki/11/fukaayamari.html

続きを読む»

この週末は近場で&W杯コートジボアール戦

北条海岸の夕日

梅雨の晴れ間となったこの週末。
日曜日にサッカーW杯の日本戦があるということで、遠出はせずに今週末も近場にて。
TVの映りが良い場所が良いので今回も北条海岸へ。

日中はあまり冴えない天気だったけど、意外と夕日はキレイでした。

北条海岸の夕日2


夜は涼しくて、翌日の8時ごろまで快眠。


翌日は快晴。

北条海岸

海岸では、海の家の建築も始まっていて、もうすぐ夏という雰囲気。
この季節、ジェットスキーがうるさかったりで、日中はなかなか落ち着かないかも。
トイレは砂だらけだったりするし、良くも悪くも夏だわな。


んで、日曜日は10時よりコートジボアール戦を車内で観戦。

北条海岸にてW杯観戦


本田のゴールで先制するものの、結局、後半2失点で逆転負け。
前半はチャンスがあったんだけど、決めるべきところで決めておかないとねえ。
やはり気になったのは本田のコンディション。先制ゴールは素晴らしかったんだけど、
後半は決定的な場面でのパスミスが続いたし、足も止まっていた印象。報道されているように、状態が良くないのかなあ。

今大会は、自分たちのサッカー、細かくパスをつなぐ攻撃的なサッカーを貫く、ということであったが、
この日もかなりの雨だったし、常に自分たちのやりたいサッカーが出来るかというと、それも難しいのかと思う。

前回大会は、引きつけてから網にかけるような守備的な戦い方が機能していたし、ロンドンオリンピックでも同様の戦い方で上手く行っていた。
正直、前回機能していた守備をベースに攻撃強化を考えても良いのでは?と思うが、これも経験の浅いサッカー日本代表の歴史の一部ということだろうか。

ともかく、今日の敗戦で予選突破が難しくなったのは事実。

あと2戦、勝つしかないし、仮に2勝しても得失点差も問題になるし、あとは、最大限リスクを犯してでも自分たちのサッカーを貫いてもらいたい。自分たちのサッカーでどこまでやれるのか試してもらいたい。
3戦全敗でも、2勝1敗で得失点差で予選落ちでも同じなので。

今回は結果はあんまり期待できそうにないけど、とりあえずガンバレ!
プロフィール

kagekiyo2006

Author:kagekiyo2006
南房総で田舎暮らしをしています。2011年の東日本大震災以後、車中泊でふらっと出掛けることが多くなりました。おもに南房総での田舎暮らしとフリードスパイク車中泊旅行について書いています。あとは車中泊に便利なグッズの紹介なども。

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
ランキング参加中




FC2カウンター
PR



月別アーカイブ
RSSフィード
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
フリーエリア